FXの魅力ってなんなの?

FXの魅力の中の一つは、レバレッジと呼ばれるものです。
このレバレッジというのを文字どおり訳すと意味は「てこ」ということで、FX業者に取引保証金(証拠金)を預けることによって、その金額以上の取引ができることを意味します。
どのくらいのレバレッジをかけることが可能であるかはFX業者によって違いがありますが、規制前と比較するとわかりますが、その倍率は低いものになっています。
FXで成果を得るためには、暴落するというリスクをちゃんと考えることが大切です。
暴落は、考えられないような状況でも、万が一のためにそのリスクを推測したトレードをしてください。
FXに絶対という言葉はありえないので、万が一のことも予測しておくようにします。
たとえば、ドルの場合はリターンは小さくなりがちですが、その代わり、リスクも小さくなります。
為替相場の変動が大きい中央銀行が政策金利や指標を発表する時などには、スプレッドが大きくなることが予想されますから、FX業者の約定力こそが重要になるのです。
3円以上変動する相場ですと、スプレッドだけの話ではなくスリッページにも気をつける必要があると言えます。
成行注文でスリッページを狭くしても、約定力を落とさない業者をお勧めします。