リフォームローンの金利を比較して選ぶ

比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担保型とは

担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですのでとても手軽に利用することが出来るローンです。

一方で、借入期間の短さや金利の高さ、限度額の低さなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは規模が小さいリフォームになります。

持ち家で少額のリフォームということであれば、比較的余裕のある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいと言われています。

リフォームローン金利比較をするのであれば大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、限度額や借入れ条件といった気になる情報が一目瞭然です。

金利や借入限度額など調べたい条件に応じて並び替えができるので調べる手間が省けます。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから自宅で申し込めるローンが増えています。

オリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で最短2日で審査結果が郵送されてくるというスピード感。

オリコのリフォームローンは完済時まで固定金利が適用され保証人や担保などが一切必要ないというメリットがあります。

改修工事やリフォームだけでなくソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金はリフォーム業者によって対応が異なります。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので少なくとも2
3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンがお勧めです。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

ですから、物件探しと同時にリフォームの業者さんも探さなければいけません。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて変動します。

担保の有無によっても金利が変わり最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利タイプは2種類に分けられ変動金利型と固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の高下に関与せず、一定の金利を保つローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

リフォームローンの金利についてですが金融機関によってかなり異なります。

低い金利は1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動金利と呼ばれるものと固定金利と呼ばれるものがあります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという安心感はありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年の10月には新商品の【フラット35】リノベという商品が発売されました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税の控除が可能です。

申告をすることで、その年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり指定されています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

控除の必須要件として自身が所有し居住することや所得が3000万円以下などが挙げられます。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローン一択です。

リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や借入可能額、金利相場に違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

リフォームローンのシミュレーションがあることを知っていましたか?シミュレーションは金融業者のHP上に設置されています。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると該当するHPが複数ヒットします。

返済期間や借入希望額を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報の登録をせず試算することができますのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は素人では難しいので折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

リフォームローンの選び方は金利だけに固執するのはNGということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、保証人や担保についても良く考える必要があるでしょう。

団信の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較要件となります。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンは種類が多いのでローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それはリフォーム業者によって対応が異なります。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので少なくとも2
3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

工事業者選びを失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

リフォームローン金利比較する場合は検索上位に来ている比較サイトを利用すると効率が良いでしょう。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

金利や借入限度額など条件ごとに並び替えすることも可能です。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことからネットで完結できるローンが増えています。