mainimg

フレッツ光をクーリングオフしたい

フレッツのクーリングオフをしたい際には、契約の内容が書いてある書面を受け取った日から1週間と1日以内であれば書類で以て、申込の撤回を無条件におこなうことができます。

フレッツは有無を言わせぬ勧誘が問題になっており、クーリングオフを検討している人も少ないとは言えません。

クーリングオフが無理な際には、解約金の支払いをしてでも解約しようと思う人もいます。

クレームというのがフレッツには多数寄せ集められており、そのうちの一つには加入後ひと月くらい過ぎた頃に、急にネット接続が出来なくなるといったことがあります。

この実例の場合、最初の設定に間違いのあることがわかって、何とか無事使うことの出来るようになったみたいですが、こういうクレームは日々たくさん寄せられているそうです。

プロバイダをどれにするか決める時には事前にその評判を調べておくのが良いと思われます。

プロバイダを選ぶときに大事なのは安定して接続ができるのか、安定した速度を保つことができているかなどですから、しっかり確認を取ってください。

地域によっても違いが出てくるので、ご自分の暮らしておられる地域の情報なども調べておくと良いです。

早くなければいけない光回線が安定しないわけの一つとして、光回線は近くの住居やマンションの内部などで回線を分かち合っているため、通信量が多い住人がいる場所では遅くなる場合もあります。

通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に特別遅くなってしまい、定まらない場合はこのわけかもしれません。

1 2 3 4 5 6 10

▲Pagetop